2014年01月01日

2013年Twitter @kaoruww をふりかえる

ここ数年、ろくにブログを書いてない。2013年もまたほぼツイッターの更新ばかりとなった。

ツイッターを始めた直後、ブログエントリにツイッターのアカウント名を書いたり、リンク集に入れたりしていた。その当時(09年)ブログの一人称「私」に堅苦しさを感じていたこともあり、ツイッターでは少し書き方を変えてみようと考えた。でもそういう別の一人称「おれ」でやっている場所にブログから誘導するのはどうなのかな、ということで、いつしかブログとツイッターは切り離して運用するようになった。時折ツイッターの方にブログエントリのURLを貼ることはあるが、ブログからは古いエントリを掘らないと行けない。あまり分ける意味はないんだけども。

ツイッターでちびちび小出しに書いてるからブログ更新意欲がわかず、その結果前エントリのように1年間のブログ活動をまとめようとしても、ろくに書いてないからたいしてふりかえることもできない始末だ。

ブログももうすぐ区切りの丸10年だというのに、こんなネタ切れのままではどうなんだという反省がある。そこで正月だしなにかやってみようというわけで、自分のツイートをネタにすることにした。

ツイッターには、RT(リツイート)というツイートを拡散する機能、Fab(ふぁぼ)という「お気に入り」に入れる機能がある。どちらを重視するかは人によって違うようだ。私はいくつふぁぼられたかにはほとんど興味がなく、同じリアクションがあるならFabよりRTされたほうがおもしろいと感じている。

そういうわけで、今エントリでは私のツイッターアカウント @kaoruww が2013年につぶやいたツイートの中から、RT数の多いツイートベスト5を公開しよう。


第5位!


年明けのジャニーズカウントダウンに錦織が出てたんだけど、でかいニットの帽子をかぶっていました。懲りたのでしょうか。もう帽子なしで姿を見せることはないかもしれません。


第4位!


女性週刊誌の広告の見出しに出た段階でこのツイートをし、まだネットで読めるニュースになっていなかったので拡散されたらしい。その結果、元渋谷系おばさんからソースを問い質されるハメになったが、華麗にスルーしたことは言うまでもありません。


第3位!


佳子さまが米国へ出発 夏休み利用しホームステイ(共同)
1ヶ月後帰国した空港にて
皇族の、しかも未成年の女の子をいじる時の気の使い方が逆に妙な効果を発揮し、はからずも不敬なニュアンスが感じられたとしたら大変残念であり、そんなつもりじゃなかったんですと言い訳したい。無理かしら。なおご帰国後はすみやかに元に戻られた模様。慶賀に堪えない。


第2位!


ソーシャルメディアを積極的に活用することで知られる東京女子流。まとめサイトなどでもこの動画はずいぶん取り上げられ話題になったようだが、YouTubeに削除要請を出さず、あえてそのままにしているところがお見事。実際彼女は大いに同情を買った。ファンの撮影した動画をかたっぱしから削除することが仕事だと思い込んでいるような事務所・運営は、東京女子流運営(主にS竹氏)の爪の垢を煎じて飲むべきだろう。


そして第1位!


ゆうきまさみ先生がRTしたのをきっかけに爆発的に拡散したらしい。いやあのですね、これツイート内にリンクしてある漫棚通信さんのブログを読んで、朗報だと思ったから139文字にまとめてツイートしただけなんですよ。カギカッコばかりで自分の言葉が一文字も無い。それがRTダントツ1位で、私の全ツイートの中でも唯一の1000RT超えなんですね。どうすんのこれ。はずかしいじゃないの。なんかすんまへんという気持ちと同時に、いつまでこれが最多RTツイートなのか、早く2位以下になってほしいけどそうそう1000RTなんていかないし、というとほほな感じになっております。


その他favstarが計測したベストツイートはこちら。2013年のツイートが多く入っているのは、フォロワーの数が亀の歩みでじわじわ増えているのでその影響だろうか。もっともブログの読者を増やすためになにかしたことがないように、ツイッターでも思いついたことを書き散らしているだけだ。これからも特にリアクションを狙ったりせず、テキトーに続けていくことだろう。
posted by kaoruww at 23:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月31日

2013年qzmp blogをふりかえる、ほどの量がない

だって1年に7エントリしか書いてないし。これ入れても8つだ。

9月に「来年2月にブログ開設10周年、それまで月一くらいは更新したい」と書いたものの、翌10月に一度更新したのみで11月12月と更新なし。うむむ。まさに開店休業。ツイッターばっかりやってしょうがないねどうも。いちおう3つだけリンクしておこうっと。

2月1日 美少女クラブ21「Da Di Da☆Go!Go! 」
現代に甦った美少女クラブ21(甦るニーズなし)ことX21はいまだに曲も出さず、しかしオスカーとテレ朝の特別な関係を利用して「GO!オスカル!X21」なる冠番組を開始した。なんでオスカルなのか知らないが、こんな名前にするなら全員男装でもしたらどうか。それじゃ腐男塾か。ともあれ一番目立つMCは、ゴリゴリ剛力こと剛力彩芽なのであり、これじゃX21と剛力のどちらを売り出したいのかわからない。「露出が増えりゃなんでもいいから両方まとめて出しちまえ」ということかもしれないが、剛力が出るだけで観るのを避ける視聴者だっているのだし、抱き合わせるのがいいことかどうかは不明である。


4月17日 吉野家明日から値下げ、そしてさようなら牛鍋丼
「牛鍋丼」で検索すると上位に出てきてしまうので、13年のエントリでは一番読まれたというかいまだに読まれてるエントリ。吉野家の牛鍋丼のページが削除される前に、魚拓にしておいたのは我ながらグッジョブであった。


5月11日 【Blog Update】ウェンディーズと大江千里
大江千里が出たドラマ「十年愛」のメリーゴーランドの動画を貼りたいから書いたエントリ。悲しい時やつらい時、生きることに心折れそうになった時は、この動画を観ることを勧めたい。
posted by kaoruww at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月24日

永谷園、シュークリーム専門店買収へ 94億円で(日経)

 永谷園は22日、シュークリーム専門店「ビアードパパ」を運営する麦の穂ホールディングス(HD、大阪市)を11月28日付で買収すると発表した。取得額は94億4000万円。麦の穂HDは中国や米国など17カ国・地域で国内とほぼ同じ200店強の店を持つ。永谷園は共同でのメニュー開発や店舗開発ノウハウを吸収し、年間で数億円にとどまる海外売上高の拡大を狙う。

 麦の穂HDの全株式を投資ファンド、アント・キャピタル・パートナーズ(東京・千代田)などから取得する。麦の穂HDは内外でシュークリーム専門店のほか、焼き菓子店やうどん店などを手がける。海外ではフランチャイズチェーン(FC)のシュークリーム店を中心に展開、海外売上高比率は約1割を占める。

 少子高齢化で国内の食品市場は縮小が避けられない。永谷園は米国での持ち帰り用すし店や中国での袋麺の製造・販売を細々と手がける海外事業を強化する考え。今後は海外の和食ブームに対応し、麦の穂HDと共同で和食や和菓子などの持ち帰り店や飲食店の展開などを検討する。

 麦の穂HDの2013年2月期の連結売上高は83億7400万円、最終利益は3億1000万円だった。永谷園の13年3月期の連結売上高は685億円で調理食品事業が約4割、みそ汁中心のスープ事業が約3割、お茶漬け・ふりかけ事業が約2割を占める。

http://www.nikkei.com/markets/kigyo/ma.aspx?g=DGXNASGF2202Z_22102013000000


株式会社 麦の穂ホールディングスの株式取得(子会社化)に関するお知らせ (永谷園)


06年08月31日のブログで日興アントファクトリー(現アント・キャピタル・パートナーズ)が麦の穂を買収したことに触れている。短いので全文引用。
麦の穂っていうのはシュークリームの「ビアードパパ」のところだ。なかなかおいしいですね。カロリーめちゃめちゃ高そうだけど。業績好調で本格的金利上昇が始まる直前に売却とは、高値で売るタイミングとしては文句なしだ。売却金額は数十億円。設立は平成9年12月。Web2.0で一山当てようとかいうより外食の方がいいんでないの。

7年経過し利益を得て売却できたようだ。永谷園はかなり高い値段で買ったように思えるが、このままドメスティックな市場だけでお茶漬け売ってるわけにもいかないという判断は妥当だろう。いやお茶漬けの割合は2割しかないんだけども。もっと早く動いていればこんな値段で買わなくて済んだのだろうが、3年後に決断するよりは安く買えたと思うほかない。


ネットを見ていたら、06年頃に日興アントが「スイーツHD構想」なるものを推進しているという噂が立ったと書いているブログが。ほー。なんでまたスイーツしばりで、とちょっと面白かったのでメモ。

永谷園による麦の穂の買収(リーマンあれこれDiary)


そういやしばらく近江屋のケーキ食べてないな。年内に一度行っておこう……
posted by kaoruww at 01:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月23日

能年玲奈と有村架純、あまちゃん以前

前回の更新は5月11日だったようで、もはやSeesaaの管理画面のいじり方も忘れてしまった。今月2度目の3連休の最終日で暇なのはいいが、久々に更新してみっかと思い立っても書くことがなくて困る始末。日々のログという意味ではTwitter+Twilogで足りてしまうので、なかなかブログに書き残そうと腰を上げる動機がない。前回のように大江千里の動画を貼りたかったとか、そういうことでもないと。というわけで、今回はブログ更新のリハビリがわりに動画と画像でも貼ってみようということでひとつ。

2013年春のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」も今週でついに最終回を迎える。物語の最初から最後まで観る朝ドラはちょっと記憶にない。最近では「ゲゲゲの女房」を最後まで観たものの、最初の子供時代を観てないし、「カーネーション」は傑作だったと思うが、こっちは最後の1ヶ月で主人公が尾野真千子から夏木マリに替わった段階で挫折した。

「あまちゃん」は最初からずっと物語に乗れていたのだが、震災後のところでちょっと乗れなくなった。主人公・アキがいきなり北三陸に帰ると言い出すところ。故郷の状況が心配だから様子を見てきたいというのはよくわかるが、突然東京での仕事を放り出す形で地元に帰ってそのまま居着いてしまうのだ。舞台を前半の舞台である北三陸に戻すにも、もう少しやり方はないものかと思ったが、ともあれまた東北で物語は動きはじめ、最終週までやってきた。どうやら最後まで観ることになりそうだ。

と、ドラマを観てない人にはよくわからない話をしつつ、この作品で一気にブレイクした主人公・アキ役の能年玲奈と、アキの母・春子の若い頃を演じた有村架純が「あまちゃん」以前にCMで共演していたというので記録しておこう。能年の女優としての将来はよくわからないが(おもに使い道が)、有村はおそらくこれから10年20年と仕事に切れ目なく女優として活躍し続けるのではないだろうか。うまいよね。あとGMTのリーダー・入間しおり役の松岡茉優も息の長い女優になるのだろう。

能年と有村が共演したのは2011年のディズニーリゾート・春のキャンパスデーパスポートのCM。有村にとってこれが初のCMだったとのこと。



チュロス.png

左が能年・真ん中が有村。能年の見た目の印象が、あまちゃん以前と多くの人が初めて知ったあまちゃんのアキとではかなり違うために、ネットでは色々言われているらしい。成長ですよ成長。たぶん。もう2枚はひろい物。

千葉鼠園.png

両はじですね。

千葉鼠園2.png

少し小さい画像だが、全体的にこのCMでは有村がセンター付近にいることが多かったようだ。この2年後、2人はあまちゃんをきっかけに大きく飛躍することになる。

それはおめでたくてけっこうなのだが、能年が所属する芸能事務所・レプロの若手女優、川島海荷は一気に追い抜かれてしまった。さらに川島がメンバーであるアイドルグループ・9nineは、あまちゃんの劇中歌「暦の上ではディセンバー」を能年のバーターで歌わせてもらった後輩グループ・ベイビーレイズに激しく追い上げられている。ついには9nineが出られないミュージックステーション出演も先を越されてしまい、ライブで泣き出す始末(泣いてるのはPerfumeのセンター・西脇綾香の妹)。半沢直樹がどうとか言ってるのは、次の9nineのシングルが半沢を演じた堺雅人主演ドラマ「リーガル・ハイ」のオープニングテーマになっているからだ。こっちの曲はヒロインを演じる新垣結衣がレプロなので、そのバーターである。正直「バーター同士で小競り合いしながら勝手にガンバレや」としか言いようがない。


そんなこんなで、ブログは4ヶ月もあいだを置かず、月イチぐらいは更新しようかなーと思っております。来年2月でブログ開設10周年だしね。そこまではなんとか。
posted by kaoruww at 22:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月11日

【Blog Update】ウェンディーズと大江千里

大江千里、渡米後に結婚していた お相手は「20年来の一般女性」(オリコン)

このニュースで久々に大江千里の名前が出たためだろう、当ブログにも大江関連の検索で人が来ている。もっともその検索フレーズが「大江千里 盗作」なわけで、こういう記事見たさの読者が来てしまうあたり、当ブログの性格を物語っていて無念である。それはともかく、09年の当該記事を読み返してみたので内容に関して少しアップデートを。

2009年12月10日 ウェンディーズ撤退・日本人に愛されすぎるダリル・ホールなど

まずゼンショーがウェンディーズとの契約を打ち切った話。
ウェンディーズの日本再進出は時間がかかりそうだと思っていたが、10年2月に日本におけるドミノ・ピザの株式をベインキャピタルに売却したヒガ・アーネスト・マツオ氏が、11年3月にウェンディーズと資本業務提携を結んだ。金に余裕もできたことだし、ドミノ・ピザの日本での成功をウェンディーズで再び、ということだろう。

ゼンショー時代ともアメリカ本国とも違うプレミアム系ハンバーガーショップというコンセプトで11年12月に再進出1号店を表参道に開店。期間限定でフォアグラ入りバーガーを提供するなど話題を集めたが、再進出から1年半になろうとする現在でも3店舗しかない(12年8月六本木・13年3月曙橋開店)。ファストカジュアル業態はファストフードよりオペレーションのハードルは低いはずだが、ドミノとは色々と勝手が違うのだろう。しかし曙橋よりましなファストカジュアル向けの土地があるのではなかろうか。立地実験なのだとは思うが……


さて後段の大江千里。ていうかダリル・ホール。まさかこのあとガルネクの女が北島康介と婚約するとはなあ。世の中なにが起こるかわからんですね。しかしガルネクのPVがダリル・ホールのPVからのパクリとか、およそ世の中にこんなどうでもいい話もないな。

大江千里については特に付け加えることはないんだけど、大江関連にはこのパクリ曲よりもっとおもしろい動画があるんだよね。92年のTBSドラマ「十年愛」。Googleで「大江千里 十年愛」と入力すると「メリーゴーランド」とサジェストされてしまうほど一部で有名だ。

十年愛(Wikipedia)
全11話で、1話ごとにストーリーが1年分進行し、最終話では10年後になっているという斬新なコンセプトと、大江千里扮する田村雅一が、操作盤の故障(壊したのは斉藤慶子扮する吉野文)により高速回転するメリーゴーラウンド内に取り残された娘・雅美を助けようとして単身乗り込み、回転の遠心力で飛ばされて地面に強打され、病院に搬送された後死亡してしまうという、“笑撃的"なシーンが当時話題になった。
このメリーゴーラウンドのシーンは、あまりにも強烈なインパクトであったため、放送から15年近くが経過した現在でも語り草となっており、このドラマの概要を説明する際にしばしば「大江千里がメリーゴーラウンドで高速回転して死ぬドラマ」という表現が用いられるほどである。

 「どうしてこうなった」と唖然とするような珍シーンなのだが、YouTubeからはもう消されていた。なんてこった!! しかし探しました。我々スタッフが一生懸命探しました。十年愛、見つかりましたよ(アゴをしゃくらせながら)。コメントが多くて弾幕みたいだから消したほうが見やすいかも。どうぞ!


 
シリアスなドラマを観ていたらクライマックスで突然のこの展開。観ていた人は笑うか怒るか。いくらバブルの残り香が漂うデタラメな時代でも、さすがにこれはない。なさすぎる。そりゃ急に活動をやめて48歳からアメリカに渡ってジャズピアニストになりたくもなるわー(たぶん関係ない)。いやほんとにすごいよねこれは。
posted by kaoruww at 18:09| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。