2020年10月29日

コロナつれづれ 〜2月の君へ〜

年に一度か二度しか更新しない当ブログ。2月17日に「よいお年を!」と今年最後の挨拶をしたけれど、10月末に戻ってまいりました。あれからいろいろあった。いろいろありすぎた。年末でもないのに振り返ってみたくなるほどに。2月の自分に教えたい。これから何が起きるかを。

----------

前回の更新では「コロナウイルスで大騒ぎ。東京オリンピックはどーなるのという流れになっている」「次に更新する時には答えが出ているだろう。オリンピックのことより、感染するのはもうしょうがないにしても、うっかり死んで最後の更新にならないよう気をつけたい」と書いていた。

東京オリンピックはね、中止じゃなく延期になったよ。いちおう2021年夏にやることになっている。が、これもまだわからない。世界中でコロナが流行っちゃって、特にオリンピックビジネスの主要なお客である欧米が治まらない。無観客開催とかいろいろ言ってるが、オリンピックに関しては難しい決断を先送りにしただけだ。まあそれはどうでもいい。もっと大変なことが起きる。

3月29日に大御所のコメディアンが死んでしまうんだ。これはショックだった。政治家が何を言うより、このニュースで日本全体が「大変なことになった」と雰囲気が変わった。このあと緊急事態宣言発令やらなんやらとなるんだけど、ともかく私にとってはこれが一番大きな出来事だったかな。今でも悲しいよ。

自分の感染状況としては、メモを読み返してみると3月28日に「起床したら喉が痛く空咳」とある。この頃が東京のピークだったのかも。4月3日、「もう治ったかと思ったら、明け方咳がひどくなり味覚嗅覚なくなる」。初めてのことでびっくりした。淹れたてのドリップコーヒーなのに味も香りもまったくなくてただのお湯なの。喉痛いのに異様すぎて笑っちゃう。4月6日、目が充血。左目の白目下半分が真っ赤になりなかなか引かない。症状が落ち着いたのがいつかはメモに残してない。咳やだるさがなくなったのは4月のなかば、一番長引いた目の充血が引くのにもう少しかかった。結局治るまで一ヶ月くらいかかったかもしれない。しつこかった。

ただ、この頃の大方の日本人と同じく検査もしてないし、ちょっとタチの悪い風邪だったのかコロナだったかはわからずじまいだ。自分としてはもうやり終えたと思ってるけどね。

全体的には、日本は不思議なほど死者数が少ない。正確には東アジアとアフリカの致死率が、欧米より2ケタレベルで低い。理由はわからない。一番知りたいことなのだけど、原因が解明される頃には世界で集団免疫ができててどうでもよくなってるかもね。

最悪だったのはマスコミ、特にワイドショーが危機を煽りに煽って、テレビしか楽しみがない情報弱者層をパニックに陥れたこと。この咎めは今でも続いていて、長く尾を引くだろう。デマに近い情報を繰り返しマスメディアで流した者は、刑務所に入れるのが無理ならせめてメディアから永久追放してもらいたいけど。

----------

これ以上は現在進行形のことでもあるし、長くなりすぎるしで、流れて消えるツイッターに書いた方がよかろう。

経済の人為的かつ強制的な停滞にともない、政府は様々な施策を打った。そのうちのひとつが「Go To ○○」というもので、要は利用者に補助金を出すからお金を使ってくれという政策。不要不急の外出はやめろと言いながら同時にGo To トラベルと言い出し、その支離滅裂ぶりに呆れられていた。第二弾がGo To Eat。どちらも急ぎで導入したから制度設計に穴があり、運用ルールも刻々と変わっていく始末。ただ、ずいぶんとお得にはなるらしい。

たまには私も流行りごとのひとつもやってみるかとGo To Eatを使おうと思い立ったが、情報を集めてみるとややこしい。いや、簡単に済まそうとすれば簡単なのだが、情報サイトなどで「ちゃんとやる方法」を知ると、ちゃんとやらなきゃいけないような気がしてきて、その結果3つも4つもサイトやアプリを使って会計を行う仕儀となった。

こっちが本編なのだが枕が長くなりすぎた。書きはじめる前は想定してなかったが、まさかの後編に続く。えー。
posted by kaoruww at 23:32| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]