2007年04月14日

吉祥寺美術館→ドトールのベタコンボ

吉祥寺を歩いていて、用もなかったので伊勢丹7Fにある武蔵野市立吉祥寺美術館へ。ここは常設の記念室が2つとも版画なのだが、さらに今回の企画展まで石版画なもんだから、版画専門美術館みたいになっている。見ているあいだ他に誰もいなくて貸し切り状態だった。
この美術館は吉祥寺や武蔵野にゆかりのある芸術家の展示をすることが多い。この織田一磨(Wikipedia)という人も吉祥寺在住だったそうで、あの夜明け前から並ばないと羊羹が買えないという和菓子屋小ざさの箱や包装紙の意匠を手がけたらしい。ものすごくローカルなトリビアだが。
私はこういう行列を作る方々の精神状態がわからぬ人間なので、もちろんここの羊羹は食べたことがない。その隣りにある「肉のサトウ」のメンチカツなら人から貰って食べたことがある。いつ行っても3〜40人は並んでいる。そりゃ材料がいいんだからうまいけど、食い物に行列する気持ちはやっぱりわからない。食っといてナンだけど。


美術館から出て、当然並ばなくてすむドトールコーヒーへ。4月11日発売開始のスモークサーモンベーグル(プレスリリースメニュー)を注文。350円。ベーグルサンドのスタンダードだからはずしようのない味。オサレカフェならこの脇にピクルス1個転がして750円に以下略。
ただこういう組み立てるだけのような簡単なものなら、うっすらではなくたっぷりのクリームチーズとペラッとではなくどっさりのスモークサーモンを入れたものをウチで食べた方がいいかもしれない。そんなこと言ったらよほど特殊な外食しかできなくなってしまうが。


というわけで、行列嫌いにはガラガラの美術館は最高だ、という締めでいいか。あー、東博の春の庭園開放が明日まで。また行かずじまいになりそうだ。
posted by kaoruww at 15:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。