2011年04月15日

NTTがネットバクチから撤退

NTTグループの金融取引業者NTTスマートトレードが、6月30日をもってFX事業を終了すると発表した。ネットを通じたFX取引を主力としていたが、過当競争による手数料の落ち込みにより事業継続を断念したと。 

外国為替証拠金取引(FX)事業の終了について

08年4月7日にこの会社について書いた。NTTがネットバクチの胴元なんかやるんじゃない、という話。このころはNTTレゾナント60%・NTTファイナンス40%が出資していたのだが、いつの間にかレゾナントの親会社であるNTTコミュニケーションズ(NTTコム)の100%子会社になっていた。gooからOCNの直轄になった理由は不明。

ギャンブルビジネスの経営は難しい。なにしろ多くのお客は損するのだし、それでも気分よく帰してまた来てもらわなければいけない。サービス業としてかなりのノウハウとホスピタリティを求められる商売だ。役人が経営するカジノに行きたいと思う客がいるだろうか?役人の独占事業である競馬・競輪・競艇・オートレースですら延々右肩下がりだというのに、民間企業と真正面から競争しなければならないFX事業でうまくいくはずがないだろうに。gooやらOCNという顧客基盤があるから云々という理由にもならない理由でなんとなく参入したのだろう。あたら民業を圧迫したあげくに損して撤退なのだから、おまえらなにしに来たんだとしか言いようがない。もともと筋の悪い話にさっさと結果が出たという顛末である。


ところで先ほどリンクした08年の自分の文章に、分割するのがめんどうだったのかグラビアの話も一緒に書かれている。そこに出てくるスタジオボイスもヤングサンデーも今はない。まだ3年しか経っていないというのに諸行無常の感がある。付け加えると大森美希から改名しアーティストハウス・ピラミッドから鳴り物入りで再デビューした池田夏希は、パッとしないまま肌の露出だけは増えていき、今や着エロとの区別をつけるのも難しくなっている。祗園精舎の鐘の声ばかりが聴こえてくる今日このごろだ。
posted by kaoruww at 15:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック