2010年03月02日

Twitterで流行する自己言及系サービスについて

「××占い」「××ったー」といった、自己診断系サービスがTwitterで大人気だ。自分のアカウントを入力すると「あなたは××に例えると○○です」といった答えが出てきて(根拠はない)、それをTwitterでつぶやき、その答えについて自分で感想を述べたりもする。使われ方からいえば「自己言及系サービス」と言ったほうが適切だろう。あまりに人気があるために、Twitterで現在どんな話題が多く言及されているかを表示するばずったーというサービスでは、上位がこの「自己言及系サービス」のセリフで占められてしまい、本来の目的である「今、何が語られているか」がわかりにくくなっているほどだ。ツイットメーカーなるジェネレーターまであって、簡単に設問を作ることもできる。

私もものは試しとアカウントを入力してみたことがある。思いがけない答えが出てくればちょっとおかしいものだ。でも根拠が無いことは知っているわけだし、暇つぶしのたぐいに過ぎない。答えはすぐに表示されるのだから、暇つぶしにすらならないかもしれない。そんなテキトーな答えをTwitterに書き込み、自らツッコむことがなぜ流行っているのだろうか。

結局のところ「自分について語りたいし自分を知ってほしいけれど、語るほどの自分がない」という身も蓋もない理由に行き着いてしまう。商業利用ではない、個人がやっているブログやTwitterには、多かれ少なかれ自己表現・自己顕示が含まれるが、語るに足るほどの「自分」や「自分の意見」を持っている人は多くない。仮に「語るに足る自分」があったとしても、それを文章なり絵なり写真で表現するスキルを持つ人はさらに少ない。このサービスは自分の名前を入力してポチっとするだけで、短いながらも自己言及ができる。いや、むしろ短い方がいい。なにしろ語るほどのことがないのだから。

勘違いしてもらいたくないが、「語るに足る自分が無いなどとは情けない」と言いたいわけではない。「わたしはデュシャンとマルキ・ド・サドが好きでわたしはマイナーだけどどっかの王室御用達のショコラが好きでわたしは最近好きなデザイナーが死んだので大泣きしたのでわたしは」みたいな病的な文章をまき散らすより100万倍マシだと思っている。

ここから「社会は分断され、人と人との絆は弱まり、ああ、だからこそ人は自分のことを誰かに知ってほしいのだ」みたいな取ってつけたようなまとめ方をする趣味はない。そういうことははてなあたりの誰かが書けばいいことだ。辛気くさい長文は書きたくない、というか長文を書く意欲がないんだけども。


いきなりTwitterのタイムラインにこういうつぶやきが出てきたらテロみたいなものなので、こちらに書いた。私も意外と気を使っているのである、と自己言及しておく。以上、山手線の駅に例えると目黒駅のkaoruwwがお送りしました。
posted by kaoruww at 22:11| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック