2009年07月23日

ウチの近所の話二題

幸福実現党・大川出馬「宇宙人に日本支配させない」 (ZAKZAK)

いやまあZAKZAKはどうでもよろしいんだが、このあいだ小選挙区から比例代表東京ブロックに女房が移動したと思ったら、今度は自分が東京ブロック1位に立候補と。ドタバタしっぱなしというか、完全に思いつきだけでやってるな。そりゃ日常的に思いつきで霊界からのお告げとやらをしゃべってるんだから、こんな時だけ計画的にやれと言っても無理か。そう考えると都議選のあの逆風の中で全員当選させた学会の票割りの正確さというのは、改めて怖ろしいというか、ある意味たいしたもんだとは言える。ヤだけど。

先日駅前でこの党の候補者が演説してたなあ。タスキにトラメガという、トラディショナルすぎて演説コントみたいな格好で。まだ20代なんだろうな。細身でメガネで、服装は悪い意味でユニクロっぽい。アキバによくいるのび太系といったところ。足も止めなかったが、聞こえてきたのは「北朝鮮にミサイルを撃ちこもう」というやつ。自衛隊の対北攻撃能力とか、仮に基地を叩けたとしてその後の中国への対処とか、そういうことはどう考えてるんだろう、とチラと思ったものの、考えてたらこういうことは言わないわけで。でも居酒屋でこういうクダ巻いてるおっさんとか多いんだろうなあ。たぶん「今の若い連中はだらしないから自衛隊で鍛えてやれ」とか言って、悦に入ってる手合いと同じ人たち。そういう連中に向かってピンポイントで演説してみたらどうだろうか。居酒屋行って。のび太君叩き出されそうだな。

-----

そうだ、都議会選挙の時に行きそびれたインディーズ1000円理髪店にこのあいだ行ってきたのだ。10分で終わってしまうために余計な口をまるできかない、一般的な美容院が大嫌いな私のサンクチュアリ。だが、今回はこちらから話しかけてみた。

「最近すごく混んでますよね」
「はい、2月頃からですかね、すごく混んできて…サブプライムローンが話題になってからですねー」と担当の女の子。

今年2月とサブプライムの関係はよくわからないが、ともかく美容師の女の子の口から唐突に出てきた単語に意外の念を禁じえなかった。こんな本来マイナーな、アメリカのクレジット市場周縁部にある言葉がフツーに人口に膾炙している状況は、いいことでないのは間違いない。たしかに異常な経済状態といえる。

ともかくまだあの店はしばらくは潰れないですみそうで、それはよかったけれども。
posted by kaoruww at 22:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック