2009年07月22日

丸亀製麺・モス・羞恥プレイアイスクリーム屋など

マザーズから東証一部に行った数少ない企業、トリドール。このご時勢にものすごい勢いで店舗を増やし、増益率もすごい。その出店のほとんどが、うどん屋・丸亀製麺なのだが、なんとなく地方主体の展開だと思っていた。ストアコンパリゾンに行けないなあと思いつつ今HPを見てみたら、ウチから普通に自転車で行けるところにあった。あらま。今週中に行ってみよう。やっぱ不況時には原価率の低いコナもん屋が一番やで。それで、よくよく読んでみたら本当に「粉もん屋」という店もやっていた。うーむ確信犯。

-----

すごく久々にモス。期間限定カレーチキンバーガー。250円ならこんな感じかなーぐらいな。ちょっと小さいような。おやつですね。

-----

そういえば最近外食がらみでちょっと話題になったニュースといえばロッテリアのこれか。

まずかったら返金 ロッテリアが「絶妙ハンバーガー」(日経)

ロッテリアといえばリヴァンプ(Wikipedia)が株を引き受けつつ再建中なのだが、事業のネタをアメリカから持ってくるばかりでなく、どうもやり方までアメリカンというか。これは話題作りという事ももちろんあるが、基本的な発想はアメリカ流通業では必須の「100%満足度保障」というやつだろう。さんざん使った服や家電でも30日とか90日以内なら返品の理由をまったく問わずに返金するというやつ。だからモラルハザードがひどくなってしまうわけだ。

外食からは離れるが、ちょっとぐぐったら液晶テレビの返品に関するエントリーがあった。「家電業界全体の返品費用が138億ドル」、「製品の不具合による返品は全体の5%だけ」とか、なんだかむちゃくちゃだが、徹底して競争をやるとこうなってしまうということらしい。だが、これは客にとってそんなにいい話ってわけでもないのだ。結局これらのコストは必ず、客が払う価格に上乗せされるわけだから。モラルハザードを起こす連中のコストをまともな人たちが負担するのである。もっともこれは仕組みの問題というよりも、国民性なり国全体の民度に関わる話なのかもしれないけれど。日本だってそんなにアメリカのことを笑えないような気がするし。

で、話をリヴァンプに戻すが、ロッテリアは非上場なのでこれまでの再建プランがうまくいってるのかどうか、客観的に測定することができない。そんなによさそうな話は聞かない。同じくロッテが資金を出しリヴァンプが運営する、クリスピークリームドーナツの行列もすっかりなくなった。店内に収まる長さだ。あとアイスクリームを注文する客に、歌を歌って聴かせるコールド・ストーン・クリーマリー。このあいだ初めて新宿駅ビル・ルミネエスト店の前を通りかかったのだが、客が3人ぐらいしかいない。もしかして歌いはじめるのではないかと興味津々だったわけだが(じっさい私の目の前でこんなふうに歌われた日には、身の置きどころがなくて逃げます)、張り紙に「インフルエンザ予防のため歌のサービスは中止しております」とか書いてあった。いやー、ああいうのは日本人には無理があるから、このままやめた方がいいんではないかしら。

えーとつまり言いたいことはですね、サービスって直輸入ではダメなんじゃないの、と。藤田田(デンと発音してください)が、なぜマクダーナルではなくマクド・ナルドの二音節からなる屋号にしたのかから考え直してみませんか、と。そういうことです。
posted by kaoruww at 01:05| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かおるさん、こんばんは。

丸亀製麺、是非試してみて下さい。ワンコインでボリュームたっぷりです。お味も良いと思いますが、こればっかりは、好みがありますから。

スガキヤか、ここか、お昼ご飯の時に時々迷います。
Posted by ZAR大好き at 2009年07月23日 21:52
おー、そうなんですか。ごく近いうちに必ず行きますよ。
Posted by かおる at 2009年07月23日 22:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック