2012年09月25日

尖閣諸島を取り巻いた漁船の黒幕・旺旺(ワンワン)集団と岩塚製菓について

<尖閣>台湾漁船58隻が出港 主権・漁業権を主張(毎日)
 【蘇澳(台湾宜蘭県)大谷麻由美】台湾北東部・宜蘭(ぎらん)県蘇澳鎮(そおうちん)の南方澳(なんぽうおう)港から24日午後3時(日本時間同4時)、漁船58隻が沖縄県・尖閣諸島(台湾名・釣魚台)に向けて出港した。台湾の領有権を主張すると共に漁業権の保証を目的としている。他の港から出る漁船も参加予定で、最終的には約100隻となる可能性もある。

 漁船集団は25日午前5時(日本時間同6時)ごろ、尖閣諸島の領海への接続水域(約22〜44キロ)内の尖閣南西約37キロに集結し、尖閣周辺を回遊して抗議活動をする計画。漁民は「尖閣上陸もあり得る」と話している。

 漁船には「私の伝統的な漁場を侵略するな」「釣魚台を死ぬ気で守る」などと書かれた横断幕が掲げられ、次々に出港した。台湾の海岸巡防署(海上保安庁)は「漁民の安全のため」として巡視船など10隻以上を護衛につけるほか、海軍艦艇も約56キロ海域で監視する。

 今回の出港は、中国で事業展開する台湾の米菓子メーカー「旺旺集団」会長で、主要メディアを傘下に置く「旺旺中時集団」会長でもある蔡衍明(さいえんめい)氏が個人名義で500万台湾ドル(約1330万円)を寄付したことで実現した。

意外なところで旺旺(ワンワン)の名前を見た。08年3月28日に当ブログでこの食品メーカーについて触れている。

岩塚製菓様にご提案(qzmp blog)

内容を簡単に紹介すると、香港株式市場にこの台湾食品メーカーの旺旺が上場したことにより、旺旺の株式5%を保有する岩塚製菓に大きな含み益が生まれた。乗っ取られかねないから上場廃止にしたほうがいいのでは、というもの。

今回のニュースを機に旺旺の現状を見てみたら、ほんの4年前とは大きく状況が変わっていた。株価のチャートを見ると一目瞭然だ。
ワンワンチャート

株価は4年で4倍ほどになり、今日の時価総額は1兆2888億円。上場時点では、岩塚製菓が保有する旺旺の持ち株比率は全体の5%だった。リリース等を見ても現在の数字が出てこないが、増え続ける保有有価証券の額を見るかぎり、安定株主として大きな株数の変動はないとみられる。持ち株比率を5%のままとすると評価額は644億円。岩塚製菓の発行済株式数599万5千株で割ると、旺旺株の評価額だけで1株あたり10,742円になってしまう。ちなみに岩塚製菓の本日の終値は2900円だ。

倒産寸前だった旺旺に岩塚製菓が技術供与をしたことについて、旺旺の蔡衍明董事長は今でも感謝しているという。
 
天安門事件をキッカケに、中国共産党は怖くないと確信した――蔡衍明・旺旺集団董事長(東洋経済)
 岩塚製菓がなければ、今の旺旺はない。もともと私たちの宜蘭食品は魚の缶詰などを作っていたが、赤字で悲惨な状態だった。それが1983年に岩塚と提携して煎餅の生産を始めて以来、順調に利益を上げ続けている。旺旺の社名も83年から使い始めた。

 最初に岩塚を提携のお願いで訪ねたとき、私は24歳。岩塚の当時の社長(故・槇計作氏)は40歳年上だった。正式に提携を断られたとき、私は日本に駆けつけ、社長にあらためて直談判した。そのときは工場の中で話をしたが、社長は工場にある神棚に供えられたお酒を私に飲ませてくれた。そしてこう言った。「これは金儲けのお酒。あなたがそこまで言うなら提携しましょう。失敗したら、私は社長を辞めます」。
 
 その社長を、私たちは「旺旺の父」と呼んでいる。彼からは「あなたとなぜ提携したのか、自分でもよくわからない。まさに縁としかいいようがない」と言われたことがある。旺旺の経営理念「縁、自信、大団結」の縁は、彼の言葉から取ったものだ。

中国大陸進出後は破竹の勢いで成長し、中国に106の工場と34の販社、営業所329ヶ所を展開。売上高はグリコ、明治製菓、ロッテを凌駕し、中国最大の食品メーカーになった。さらに農業・外食・ホテル・不動産・医療・マスメディアなど多岐にわたる事業展開を行う、中国有数の企業グループになっている。

前述のとおり29年前から岩塚製菓と、昨年は丸紅と包括提携を結ぶなど日本との関係は深い。しかしそれはそれとして中国で事業をしている台湾人なのだから、中国を向いた考えを持つことは当然ないし必然ということだろう。だが漁船団に個人的に寄付をしてまで尖閣行きを支援するというのも妙な話だ。旺旺のグループ企業である中天電視(テレビ局)に中継させるため、つまり数字の取れる番組作りと、中国政府と中国人民受けするパフォーマンスの一石二鳥という見方もある(漁船に旺旺と中天電視の旗が見える)。

政治と距離を置く経営者もいれば、積極的に関わる経営者もいるということだろう。対立を煽る行動のスポンサーになるとは残念なことだが。ただし台湾全体で抗議活動が大きな運動になっているわけではなく、突如中国や韓国のような反日国家になったわけではないということは押さえておきたい。

なにもこの文章で床屋政談をしたいわけではない。大きな含み益を持ったまま4年連続営業赤字で、旺旺からの年間6億円を超える配当収入によってどうにか黒字になっている岩塚製菓は、上場企業としてとてもアンバランスだということだ。株式を発行して設備投資をするなどの上場メリットを活かす機会もない。旺旺株式という換金しやすい巨額の資産を格安で買収できる状態が放置されたままである。4年前のエントリと結論は全く変わらないので、そのままコピペして済ますことにする。
「一刻も早くメインバンクと相談し、MBOをして上場廃止にすることを勧める」


<10月3日追記>ジェトロのサイトに、旺旺の台湾メディア支配に抗議する言論人の動きに関するレポートがあった。日本のメディアではまだ伝えられていない、たいへん興味深い内容だ。マスメディアが学生を個人攻撃するなど尋常ではない。一読を薦める。

反「旺中グループ」運動が問いかけるもの(ジェトロ・海外研究員レポート)
posted by kaoruww at 22:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おかき屋さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月12日

埼玉地盤の「ぎょうざの満洲」、餃子激戦区の大阪に本日開店


ぎょうざの満洲、関西へ進出 5〜10年後に50店(日経 12年8月28日)
3割うまい.gif 埼玉県を中心に中華料理チェーンを展開するぎょうざの満洲(埼玉県坂戸市、池野谷ひろみ社長)は関西に進出する。9月以降に大阪市へ2店を出し、今後5〜10年で関西圏で50店舗体制にする。埼玉県と東京都西部に集中して出店してきたが、店舗網の偏りが災害時などのリスクになると判断し出店地域を広げる。

 まず9月中旬にJR大阪環状線の野田駅前、11月下旬に京橋駅前と大阪市内に2店を開く。2店合計で客席数は110席、月間1500万円の売り上げを見込む。設備投資額は8000万円。

 今後は大阪市内や阪神間で年間4店程度の出店を進め、15年には関西に生産工場を建てることも視野に入れる。関西圏へは当面は坂戸工場(埼玉県坂戸市)から冷凍ギョーザを運ぶ。

 ぎょうざの満洲は東武東上線や西武新宿線、池袋線沿いを中心に64店舗を展開する。自社の保養施設である温泉旅館内の1店を除き埼玉と東京西部にあり、坂戸工場から半径40キロメートル圏内に出店している。一定地域内に集中出店して顧客をつかむドミナント戦略をとる。

 この地域での出店が一段落し、工場の生産能力が限界に近づくことから人口が多く需要が見込める関西への進出を決めた。食い倒れの街として知られる大阪でも「素材にこだわる当社の製品は受け入れられる。(外食の激戦区で)接客ノウハウを吸収できる利点もある」(池野谷社長)と考えた。

 同社のギョーザの特徴は皮の水分量を示す加水率が50%と高く、もちもちした食感。大手外食チェーンなどの採用実績もある。農家との直接取引で食材の調達費を減らすなどし価格を低く抑え、味も素朴な味に仕上げることでリピーターを増やしている。定番の焼きギョーザ12個、ご飯、スープ、漬物がセットの定食は500円だ。

 こうした戦略で過去10年間、ほぼ年1割の増収を続ける。13年6月期の売上高は前期比13%増の58億円の見通しだ。

そして本日9月12日、大阪進出一号店、ぎょうざの満洲JR野田駅店がオープンした。


大きな地図で見る 

本社がある埼玉では土地勘があるので、西武線沿線の生活道路に出店し家賃を抑えることが多い。しかし餃子激戦区で認知度を高める狙いもあるのか、関西一号店は中之島近くのJR駅構内。よくある盛り場を選択したようだ。

埼玉・坂戸工場から40km県内にドミナント出店しているが生産能力の限界が近づいている。新たなドミナントを形成するにあたり、災害時などのリスク分散のために関西進出を選んだということらしい。難しい道を選んだものだと思う。地方のリージョナルチェーンが首都圏に出てくると「こんなにお客がいるのか」と市場の肥沃さに驚くものだが、逆パターンはどうだろう。埼玉南部という日本でも珍しい人口増加地域をたまたまホームにしたからこそ、そこそこ伸びた実績があるだけに。

関西と関東では餃子の位置づけがちがうというのも大きい。関西ではサイドメニュー扱いでついでに注文するものだが、関東では焼売や春巻と同じような扱い。満洲のような低価格帯チェーンであっても王将などより高い。皮に特徴があり、そこそこ受け入れられるとは思うが、関東ほど順調に店舗網は構築できないのではないか。本社から離れた飛び地にドミナントを作るのは難易度が高い。

神奈川あたりに新たなドミナントの形成を試みれば成功する可能性は高いだろう。まして「15年にも工場を建てる」と本格進出宣言をして引っ込みつかなくする必要などなかった。数店舗立地パターンを変えてテスト出店し、いけるとなったら大きくブチあげればよかったのに。だがもう始めてしまったのだから仕方ない。満洲の冷凍餃子のヘビーユーザーとして、成功を祈るばかりである。
posted by kaoruww at 23:40| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする