2016年12月14日

消費者の信頼をギリギリまで試しにくるイオンのPBトップバリュ、ギリギリどころか大幅にアウト



























































posted by kaoruww at 21:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

タワーレコード立川立飛店に行ってきた

前回更新からまた3ヶ月経ってしまいブログの書き方を忘れかけているので備忘のようなものを手短かに書きます。

前々回の「多摩地方のタワーレコードに行ってきた」というエントリは、タワーレコード吉祥寺店の東京パフォーマンスドール(TPD)と、できて間もないららぽーと立川立飛で行われたアップアップガールズ(仮)のイベントの模様だったが、今回はららぽーと立川立飛のTPD「恋愛カオス」のリリースイベントである。

お盆の土曜日13時と16時半に屋外会場で行われたタワレコ主催のミニライブ。同じタワレコ主催でフードコートでも15時半と16時半にライブをやっていたらしい。立川立飛のタワレコは屋外・フードコート・インストアと3か所の会場を使い多数のイベントを行っている。



フードコートでのライブって観たことないけど、なかなかやりにくそうな環境ですね……

ともあれ私は屋外会場へ。すでに2回目のリハーサルが始まっていた。リハーサル終了後「もうすぐ始まりますので」というアナウンスがあり手持ち無沙汰にしていたところ、なんとメンバーがチラシを配り始めた。多摩モノレール駅直結のららぽーとに入るところに屋外会場があるため、通りすがりの人がわりといる。おじいさんなどにも積極的にチラシを渡していて、ライブと握手会、さらに撮影会までやるのにアイドルは大変だ。

そうこうするうちにライブ開始。最初は衣装の上にNHKのどーもくんTシャツを着て準備運動として一曲。

いったん舞台袖にはけてTシャツを脱いで本番開始。4曲連続、MC、2曲で締め。計7曲だからTPDのリリースイベントとしては大盤振る舞いだろう。1部は5曲だけだったようだし。セットリストと恒例のヲタ晒し画像を。

屋外なので、タワレコ吉祥寺の天井が低く圧迫感のある謎デッドスペースを利用したイベント会場と違い、開放感があって気持ちがいい。お客の人数的には中央線の駅から徒歩数分の吉祥寺店と、さらに多摩モノレールに乗り換えて徒歩0分の違いはあるが、おおむねこんな感じでしょう。

「恋しさと せつなさと 心強さと」が始まった時「あーTPDは小室の曲が多いから小室カバーもやるようになったのかー」と思ったが、よく考えてみたら(よく考えなくても)篠原涼子はTPDのOGなんだった。今は市村正親の嫁として認識してるので忘れてた。これを出した時は、まだ篠原はTPDに所属していたそうな。辞めてなかったとは知らなんだ。だったらTPDの関連曲としてカバーしてもOKですね。

TPDは相変わらず良いパフォーマンス。改めてみんなスタイルがいい。ひとり茉麻的な感じでムチッとした人がいるが、他は全員シャープ。腹筋バッキリの子もいる。みんな普段から厳しく節制してるんだろう。えらいなあ。

握手会は9人を3組に分けてどれかを選ぶシステム。司会のにいちゃんが「一曲入り500円のシングルでも握手券が付きますからお気軽にー」と言っている。ヲタが全員と一回握手しようとすると3枚1500円払うことになり、CD1枚で全員握手という普通のシステムより枚数・売り上げともに稼げる。なるほど。

MCでは、明日は上西さんが9人のうちで初めて20歳になるという話で盛り上がっていた。久しぶりに1期の人気曲「十代に罪はない」をやったのは、そういう事情だからと。2013年6月から始まった第2期TPDも4年目に入ったが、まだまだみんな若いのだ。手短かと言いつつそこそこ長くなったのでこのへんで。

posted by kaoruww at 21:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

一部上場企業にまではびこる水素水ビジネスに、理化学メーカーがまさかの参入

疑似科学・インチキと批判され、オカルト商法じみた怪しげなビジネスをする小規模業者しか手がけていなかった水素水を、東証一部上場の大企業・伊藤園が売りはじめて話題になった。

これが公式サイトだが、惹句の一つ一つがうさんくさいながらも薬事法的に尻尾をつかませないという内容。優秀な人材のリソースをこんな詐欺的商法に使っていること自体、十分犯罪的であろう。




当然ながらこんなインチキ商品を売りだすとは大企業にあるまじきことと批判されている。しかし若い女性を中心に「なんとなくカラダに良さそう」というイメージで人気があるようだ。

意識高い系の女優さんを例に挙げてしまい申し訳ない。


そして、やたら儲かっているので新規参入が絶えないという水素水業界に思わぬ企業が登場した。


HARIO? HARIOってあのコーヒーとか調理器具の?


実はこのHARIOという会社、一般にはキッチンまわりのメーカーとして知られるが、日本の科学・化学を支える縁の下の力持ちだ。ビーカー・フラスコ・ガラス管、はては小柴昌俊教授がノーベル物理学賞を受賞するきっかけになった実験施設・初代カミオカンデのガラス部分を製作したという技術力のあるメーカーなのである。

HARIO-理化学用・工業用ガラス
20インチ光電子増倍管開発ストーリー(浜松ホトニクス)
陽子崩壊実験ではタマを水中に長期間にわたって沈めるという点を考慮し、水に直接触れるガラスバルブにはハリオ32という耐水性に優れたガラス素材を採用した。ハリオ32はフラスコや電子レンジ用食器、コーヒーサイフォンなどに使われている耐熱性にも優れたガラスで、膨張係数が32と小さくて硬い。この種のガラスの光電子増倍管への採用は、これが初めてであった。

こんなちゃんとした会社がなぜエセ科学で儲けようとするのか。単なるポットをぼったくり価格で売ることが恥ずかしくないのか。これまで積み重ねてきた業績の自己否定だと思わないのか。これまで真面目に製品を作ってきた職人が気の毒だ。

「水素水などしょせんただの水だから飲んだところで害はない」と、擁護というより事態を矮小化する向きもある。でもそれでいいのだろうか。エセ科学がはびこるということは、思わぬ悲劇を自ら招くということだ。母親は我が子によかれと思ってあやしげなものを飲ませ、お年寄りは長寿を願って危険なものを食べる。そしてそれぞれが奇妙な健康法にハマり医者の言うことは無視する。人にも勧める。現代社会を未開の部族が闊歩するようなものだ。いいわけがない。

伊藤園のような大企業がモラルをかなぐり捨ててインチキな商売をするばかりでなく、科学に携わるメーカーまでもが参入する水素水。「立派な会社がやってるんだから」と信用する人を一方的に責めることはできない。科学者のみなさんに措かれては、エセ科学で金儲けする同業者?に公開質問状を出して企業理念を問い質してもいいし、ましてやそんな企業が理化学機器を作っていたら当然買わないという意思表示をして抗議すべきではないだろうか。エセ科学を広める者は科学者を侮辱していると考えるべきだろう。
posted by kaoruww at 22:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

多摩地方のタワーレコードに行ってきた

前回の更新から半月経ってませんが、ブログの書き方を忘れないうちに更新します。3日のうち2日リリースイベントに行くなんて初めてのことなので記録ということで。


新旧の東京パフォーマンスドール(TPD)「ダイヤモンドは傷つかない」動画を貼ったツイートをした翌2月11日の建国記念日。これまで何度か行ったことのあるタワーレコード吉祥寺店へ。ここは吉祥寺駅からほど近いヨドバシカメラ吉祥寺店の中にあるが、イベントは6Fの店舗内ではなく2Fで行う。この2Fのスペースというのが妙な所で、普段はドアが閉まっていて入れないデッドスペース。天井が低いから臨時のステージに上がった演者が手を挙げると届いてしまいそうだし、お客もジャンプ禁止という場所だ。


私は14時からの1回目に行った。開始3分ほど前に到着すると、今までこの会場で見たイベントで一番お客が多い。ステージはまるで見えない。前半分ほどのスペースは事前にCDを買ったお客が優先的に入れるスペースで、そこは全員着席(とはいえ椅子はなく冷たい地べたに座る)なのだが、そこすら見えない。

一番後ろでだめだこりゃと思ったが、もうすぐ始まるし2、3曲音だけ聴いていこうかと立っていると開演の注意事項を伝えるアナウンスが始まった。声出し禁止ジャンプ禁止など店内イベントの中でもなかなか厳しい環境のようだが、私にはヲタの胴間声が響くようなイベントよりよほどありがたい。

最後に意外な展開が。スタッフが後ろから見たところ、ステージがまったく見えないので優先スペースで座っている人たちは極力前に詰めて座ってほしい、そして空いた後方の座りスペースに入りたい方はどうぞ、というもの。立ち見客を減らしたいということのようだ。後ろの人にはいい話のはずだが、こういう時不思議と殺到したりはしない。立ち見は「ちょっと見てみよう」というフリの客も多いし、いったん入って座ったら途中で退席するのは厳しい。私にしてもまったく見えないんだからちょっと聴いて出ようかなと思っていたくらいだ。

それでも立錐の余地もない立ち見客が少しづつ優先スペースの中に入っていく。私は一番後ろにいたのだが、急遽作られた優先スペースへの入り口側にいたものだからまわりにいる人たちの動きに流されるように中に入ってしまった。え、これ途中で出られないなと困惑したが、優先スペースはさすがに見通しがいい。お尻は冷たいがミニライブだしそう長くはないだろうということで、ありがたく鑑賞させてもらうことにした。

オーバーチュアの音が鳴り響き、ライブスタート。小さなステージで動きにくいはずだが、頻繁なポジションチェンジもスムーズで、鍛えられたダンスには見ごたえがあった。生で見るとかっこよさが際立つ。

TPDのイベント恒例のライブ後のヲタ晒し。今はどこのアイドル現場も似たようなものかもしれないが、TPDの場合旧TPDヲタ(当時はファンと言った)がいるためか、特に歴戦の勇士(婉曲表現)が多いかもしれない。





2部のヲタ晒しツイートに「#ヨドバシ大好きですよ笑」とフォローが入っていた。「十代に罪はない」もいい曲だなあ、というかこういう小室サウンドに親しんだ世代が足を運ぶので一曲目からツカミはOKということなのだろう。久しぶりのリリースイベントだったらしく、ヲタも待ちかねていたのか大盛況であった。5曲だが充実した内容で、基本在宅の私がチケット買って見に行こうかなと思ったくらいだから、通りすがりの人にアピールしたいインストアイベントとしては大成功なのではないだろうか。
 
----------

金融市場がリーマンショック級の混乱の予感に怯える12日を終え、明けて13日土曜日。15年12月10日にグランドオープンしたばかりのららぽーと立川立飛にあるタワーレコードでアップアップガールズ(仮)のリリースイベントがあるというので、ストアコンパリゾンという名目で行ってみた。



1回目の13時の回の様子がこれ。ららぽーと立川立飛でのアイドルイベントはこれが初めてだそうだが、ちょっと客入りが少ないような。JR立川駅から多摩モノレールに乗って2駅目の立川立飛駅直結なのだが、1.5kmほどを4分乗って210円という多摩モノレール価格。公共交通機関はバスしかないライバルのイオンモールむさし村山に比べればなんぼかマシかもしれないが、実際行ってみると天気のいい土曜にしてはフードコートも混んではおらず、オープン間もないのにちょっと心配な感じ。

私が行ったのは2回目の16時。客入りは1回目とほぼ変わらず。

今回はいつものコスチュームではなく、メンバーによるスタイリングで一人当たりの予算は7777円とのこと。他のメンバーはそれぞれ年相応に見えるのに、古川小夏さん(右)だけはららぽーとに子連れで買い物に来たセレブ妻みたいになっていたのは不思議であった。

左の森咲樹さんはすっかりきれいなおねえさんになっていて、11日に見たTPDの上西星来さんがRayの専属モデルなのだから、森さんだって背は高いしどこかのモデルになっていてもいい。でもファッション方面は弱そうですねアプガのマネジメントは。




2月の屋外イベントだが天気に恵まれ寒くはなかった。ここも大声を出したりジャンプは禁止で、快適に見られてラッキー。アプガは安定のパフォーマンスで最前数列のおまいつの皆さんは汗をかくほど盛り上がっていたが、これくらいの客数でやるのはちょっともったいない気はした。今年は武道館を目指しているそうで、このリリースイベントも4月5日発売のタイトル未定曲の予約を取るためのもの。オリコン3位が目標で、これで勢いをつけ武道館へということらしい。

武道館は東京女子流・ベイビーレイズなどがけっこうなガラコン(クラシックのガラ・コンサートではなくガラガラコンサートの略)をやってしまい、そこから失速したと言われている。また成功した場合でも、目標を達成した後ヲタに達成感が出てしまい熱が冷める傾向も指摘されている。

アプガの武道館宣言はかなり不安を感じるところだが、アイドルは長くやればえらいというものでもないし、もし武道館にたどり着くという大きな花火を打ち上げられたなら以て瞑すべしということかもしれない。せっかくだからさんざん武道館でやると言っておいて、チケットを発券したら会場が日本武道館ではなく綾瀬の東京武道館だったというギャグをやってほしい気もする。

アプガはハロプロではないがアップフロントではあり、もし日本武道館が決まればハロヲタも恥をかかせないように足を運ぶことだろう。そういうところハロヲタは義理堅いのである。後先考えずに、行けるチャンスがあるなら行ってしまった方がいい。終わった後のことはその時考えればいいことだ。健闘を祈る。
posted by kaoruww at 01:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月31日

2014年・15年Twitter @kaoruww をふりかえる

1月も最終日になってようやくブログを書く気になりました。1月中は正月ですからね。あけましておめでとうございます。

前回更新したのが7月27日なので半年ぶり。いやーブログにまとめて書くような出来事もなくてねえ。15年の初更新は2月11日で「8月15日の更新から早半年」なんて書いている。パターンが同じ。15年の更新回数はたった4回。でもすっかりツイッターに移行してるからこんなもんでしょう。なのに一応ブログがホームという意識はあるから不思議。留守しっぱなしだけども。

ブログに書くネタがなくて13年にツイッターでRTされたツイートランキングをまとめたことがある。流れて消えるものだから記録しておこうと思って。これが13年分だったから14年分もやってるはず…と思ったらやってなかった。さっそく忘れている。忘れてたことすら今知った。そういうわけなのでfavstarのベストツイートに残っていた14年・15年分を記録しておきます。

2014年
5位


4位


3位


2位

消費税が5%から8%に上がった直後。1年9か月前だがずいぶん昔のことのように思えますね。

1位

この事実を知らない人が多かったようで、周知した甲斐があるというもの。


そして15年分。
同じように5位から並べようとしたものの、4〜7位が「リンガーハットを日本マクドナルド出身の社長がダメにした」というサイゾー系ビジネスジャーナルのデタラメな記事を批判した連続ツイートによるものなので、個別のツイートを貼っても意味が通りにくい。誰かがTogetterにまとめていたのでそれにリンクしておきます。この方が楽なので。代表して4位にあたる、連続ツイートの始まりを。


3位

「週刊文春もこんな年寄り向け記事を載せるようになってしまったか。そのうち週刊新潮と区別がつかなくなるのかな…」などと思っていたらさにあらず。16年に入ってからベッキーの不倫をすっぱ抜きすべてのCM打ち切り、休業へ。さらに甘利TPP担当大臣に賄賂ネタを仕込んで辞任に追い込むという大暴れ。考えてみればSMAPの独立・解散の大騒動も1年前の文春によるメリー喜多川独占インタビューから始まったものだ。自ら事件に火をつける放火魔としてとてつもないパワーを発揮していて、そら恐ろしいくらいである。

2位

2015年はアイドル戦国時代が終わった年として記録されるのかもしれない。その象徴的な出来事はももいろクローバーZ紅白歌合戦落選(その後なぜか卒業宣言)ということになるのだろうが、こういうのもありましたねという裏の記録。

1位

RTもこれくらいになるとクソリプも増えるし多少のうっとおしさが出てきますね。このツイートにより13年2月28日の、引用だけで自分の言葉が一文字もないツイートが最多RTという状態がようやく終わった。


私はどんなものがRTされるかわからないし、わからないから狙って書くこともできない。たまにネタツイートっぽいことを書くこともあるが、自分がおもしろければそれでいいやどうせひとりごとなんだし、と思っている。でも結果としてウケればそれはそれでうれしいものだ。最近、テレビ放送直後の時事ネタをお約束のフォーマットに入れてつぶやいた。大喜利は苦手なのでふだんは参加しないのだが、これは我慢できなかった。


年明け一発目からホモネタかよ! ということで、今年もブログ更新は少なくなりそうです。ツイッターはゆるゆるやってるのでそちらをということでひとつ。
posted by kaoruww at 00:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月27日

「アイドル紅白歌合戦」なる番組を放送した東京メトロポリタンテレビジョンの見解を問う

2015年7月26日(日)25:00〜26:00、つまり月曜が始まったばかりの真夜中に東京を放送エリアとするMXテレビ(のサブチャンネルMX2)で「第3回アイドル紅白歌合戦」なる番組をやっていることを知った。きっかけはこのツイート。

画面は一見して妙だ。狭苦しいスタジオに固定カメラ。地下アイドルの下にはもっと下があったのかと思い知らされるルックスとパフォーマンス。司会者の下手な仕切り。なにより不可解なのはその司会者たちだ。総合司会を名乗る女と紅組白組それぞれに男の司会がいるのだが、白組の司会者が異様なのだ。スーツを着たでかい図体で仏頂面のまま微動だにせず、滑舌の悪いしゃべりで白組出場者に毒づくのだが、どういうわけか他二人の司会者はこの男を持ち上げるようなリアクションしか取らない。












明らかに変だ。臭う。臭くて鼻が曲がりそうだ。番組のエンドロールで制作会社の名前が流れた。さっそくぐぐったところ、あっさり疑問が解けた。

会社案内に「映像スタッフ・タレント・俳優の養成所の経営」とある。ここに総合司会の女と仏頂面の男が所属している。白組として出演した無名のアイドルもいる。そしてこの制作会社の代表の名前で検索すると、やはり。あの仏頂面で素人丸出しなのにやたら持ち上げられていた男の画像が出てきた。あの男が社長だったのだ。自分の事務所の所属タレントを使い、しょぼいイベントを開き、自分で司会をして、それをU局のサブチャンネルの枠を買って深夜に流しているわけだ。この会社は他にも学習塾の経営をしているが、総合司会の女のプロフィールには「現役学習塾の講師でもある」と書かれている。自給自足か。

会社のサイトには出たがりらしくやたら詳しい社長の経歴が書かれているが、製薬会社を脱サラし、独立して調剤薬局を開き、あげく自分で自分につけた芸名が「ドクターHIRO」というのはなにやら物悲しくなくもない。


これまでにも自分で番組を制作し、自分で枠を買って流しているらしい。これだけなら千葉テレビで「ハロー・ジャガー」を自腹で放送し続けていたジャガーさんと同じだから別に問題はない。

千葉テレビの枠を買った男がいた? ジャガーさん、「自分」を11年半放送(産経)

問題はこの仏頂面の男、去年7月に約3億円を脱税し、在宅起訴されているのだ。
横浜地検は2日、法人税法違反罪で、いずれも調剤薬局運営の「サードセブン」(横浜市金沢区、旧コスモ薬局)と「セカンドセブン」(千葉県市川市、旧ケイツー)を起訴し、実質経営者のY代表(49)=横浜市港南区=を在宅起訴した。起訴状によると、Y代表は2011年までの3年間で、2社の所得計約3億円を隠し、法人税計約8600万円を免れたとされる。(時事 2014/10/02-21:30)

コスモ薬局経営者 脱税してまで作った、お色気映像作品がヒドい!(TOCANA)
まだ自身の身銭を切りつつ、芸能事務所兼制作プロダクションを運営し、自身の目標をかなえたのならば、わからないでもない。しかし、制作資金のほとんどが、経営する会社で脱税し、得た「黒い資金」であるならば、微笑ましい話ではすまなくなるのは明白だろう。

旧UHF局もBSデジタル局も、枠を埋めるコンテンツを集めるのに四苦八苦している。その結果タイムテーブルは通販番組だらけになり、特に深夜は通販専門チャンネルと変わらない有り様だ。だからといって地上波ではとても放送できないような低クオリティのコンテンツでも、枠さえ売れたら流してもかまわないものだろうか。

まして、いくら金に色はついてないとはいえ、去年脱税で起訴され今年2月13日に懲役1年執行猶予3年の有罪判決を受けたばかりの犯罪者からの金である。

8700万円脱税で有罪 元薬局経営者に横浜地裁(産経)
国井恒志裁判官は「架空経費の計上や広告宣伝費の水増しなどさまざまな手段で所得を隠した態様は悪質」と指摘した。

MXは「試験電波を流しっぱなしにしている枠が少しでも金になるなら歓迎だ」という方針なのだろうか。監督官庁の総務省の意見を聞きたいところだ。

※2014.12.29放送 第2回アイドル紅白歌合戦オープニング(有罪判決前)
posted by kaoruww at 22:23| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月18日

「ドグラ・マグラを読むコツ」がご好評をいただいてる件

ハロープロジェクトのもっとも新しいグループ・こぶしファクトリー。衝撃的なネーミングに唖然としたものだが、そのリーダー・広瀬彩海さんが当ブログで最も息長く読まれているエントリを参考にしてくださったようだ。

チャカポコ♡広瀬彩海(こぶしファクトリー オフィシャルブログ)
日本三大奇書と呼ばれる、ドグラ・マグラ

上下巻合わせて、2週間くらいかかりましたね、、、、
今までの本で一番読み切るのに時間がかかったかも。。


読んでは本を閉じて読んでは閉じて。

って感じで、

もう挫折しそう……でもこれ読み切ったらすごい。読みたい!

って思ったときに、


チャカポコですよ笑笑

有名だと思うんですけど、
意味が分からないチャカポコという言葉、、(ネタバレしそうなのでこの辺で。)
このチャカポコで何千人、何万人という方がこの本に挫折したのだろうか、、、

チャカポコはさすがに雰囲気だけ楽しんでさらっと流しました。
あれはなんというか、
ラップ?みたいな感じで読めって何かに書いてあったので。笑

ドグラ・マグラを読むコツ(qzmp blog)
ラップとして読め!

Aの「キチガイ地獄外道祭文」は、この物語の真の主役ともいえる九州帝国大学医学部の正木教授が、世の精神医学への無理解や精神病院における患者への虐待などを告発するために路上で行ったパフォーマンスの内容を、パンフレットにしたものである。これを普通の文章だと思って読むとひどく読みにくい。冒頭部分を引用する。

▼ああア――アア――あああ。右や左の御方様(おんかたさま)へ。旦那御新造(ごしんぞ)、紳士や淑女、お年寄がた、お若いお方。お立ち会い衆の皆さん諸君。トントその後は御無沙汰ばっかり。なぞと云うたらビックリなさる。なさる筈だよ三千世界が。出来ぬ前から御無沙汰続きじゃ。きょうが初めてこの道傍(みちばた)に。まかり出(い)でたるキチガイ坊主……スカラカ、チャカポコ。チャカポコチャカポコ……

これを文章だと思ってはいけない。歌詞なのだ。路上に立つパフォーマーが、医学界という権威への怒りを、虐げられる人たちへの同情を、通りすがりの人の足を止めて聞かせるプロテストソングなのである。

歌詞は基本的に7・7・7…と7文字で進行する。ラップを歌うように足でリズムをとるもよし、右手のマウスでスクロールしているのなら、左手で机を叩くもよし。まわりに人がいなければ声を出してもいいし、なんなら「YO!」「チェケラ!」などの合いの手を入れるのもいいだろう。ともかくこれは歌である。普通の文章として読んではいけない。

7年半ほど前に書いたエントリにもかかわらず、今でも毎日アクセスがある。そこそこ検索上位にきているからだが、累積PVはこれが一番多いかもしれない。はてなブックマークのコメントでも好評をいただいているようで、多少なりともドグラ・マグラ読者のサポートになっているなら、クリスマスイブに「キチガイ」を連発するエントリを書いた甲斐があるというものだ。

上記の広瀬さんのエントリに「少女地獄」所収の「何でも無い」が好きだとあるが、オンラインマガジン・電脳マヴォに漫画化された作品「なんでもない」が掲載されている。作者は佐藤菜生。整理された構成で読みやすく、姫草ユリ子の奇妙な魅力をうまく描いている。


そういうわけで、ブログをやってると誰に読まれるかわからないものだなあと思いました。長く鍛えられていただけあって新人らしからぬ安定したパフォーマンスをみせるこぶしファクトリーのデビュー曲「念には念」のライブの模様を貼っておきます。アイドルネッサンスのエントリが続いたので「T-Rexのカバー?」と思うかもしれませんが違います。オリジナルです。広瀬さんと井上さんのナイスガールトレイニー組のドスの効いた歌声が素敵ですね。YouTubeよりニコニコ動画に上がってる方がいい感じなのでそちらを。

posted by kaoruww at 13:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする